水のトラブルが起きたときに

水のトラブルが起きたときに 日常生活の中で欠かせない水回りで起きる水のトラブルは、生活に大きな影響を与えます。トラブルが大きな場合では水が使えない状況も考えられます。そうなるとさまざまなところで支障が出てくることがわかるはずです。トイレで水が出てこなくなれば、使った後に流すことができません。キッチンで水が出なければ、洗いものもできないでしょう。水が使えたとしても、使ってもいない量が垂れ流しになり、請求を受ければ経済的に打撃です。使った水を流すことができない状況も、生活に大きな影響を与えます。衛生的にも大問題です。
水のトラブルは、どんなことでも生活に負担をかけます。修理も必要で、対処もしなければいけない以上、どんなことが起きるかを考えて想定する必要があります。

■給湯器のトラブル

生活環境を見ると、給湯器の存在は珍しくなくなりました。どこでも見かけるほど普及してきたといえるでしょう。給湯器を使うことで、浴室にボイラーなどを設置せずに済むようになり、空間を広く利用できるのも利点です。キッチンでも給湯器が利用でき、必要なときに適温のお湯を出すことができます。油汚れも効率的に落とせるため、結果として水も洗剤も消費量を下げられるでしょう。効果の高い給湯器ではありますが、使っているうちに故障することもあります。水漏れも出てくるかもしれません。その時に、焦らず対応できることが大切です。知識があれば、何かあっても適切な対処ができるでしょう。
実際に修理ではなく、交換しなければいけないことも出てきます。そのタイミングもわかれば、予算を貯めておくこともできるはずです。故障して修理費を掛ける前に対応しやすくなるでしょう。

■知識も工具も必要だから
水のトラブルは、使用頻度の高い場所で起きやすいのは間違いありません。部品の消耗も早くなり、ダメージも受けるからです。その分、交換もして面倒を見ていかなければいけません。蛇口がその典型例で、使用頻度の高さから、パッキンやコマといった部品の交換は、常に想定しておくべきです。
蛇口にもいろいろなかたちがあり、家庭内の設備に合わせて利用されています。よく知られている水道の蛇口だけではなく、レバーを使ったものも一般化しました。センサー付きのものも多くあり、消耗品の交換も簡単ではなくなっています。専門的な知識も必要ですし、工具もなければいけません。その手間をかけるなら、修理専門の業者に依頼した方がスムーズに修理できることもあります。

■水のトラブルは早期解決で

水のトラブルが起きたときには、できるだけ早く対処をしなければいけません。その理由は何かといえば、大きな損害を生み出すからです。トイレや洗濯機のように大量の水を使っている場所で水漏れを起こしたとします。この水は流れるところを求めていくでしょう。床に染み込むであれば、そのまま床下や下の階に流れていくしかありません。床下に流れていけば、建物の基礎にダメージを与えます。流れていける場所があるならまだしも、乾燥しにくくダメージが蓄積する場合もあります。湿度が高まると、白アリなどの問題も考えなければいけません。下の階に流れれば、損害賠償を求められる可能性が出てきます。
水漏れはこのように多くのものにダメージを与えるため、トラブルが起きたときには、工事をしてでも素早く対処しなければいけません。

■まとめ
水を使っていれば、トラブルが起きる可能性はゼロにはできません。さまざまな可能性があり、すべてを解決はできないからです。そのため、少しでも異常を感じたときには、素早く対処する必要があります。わずかなヒントを見逃さないためにも、どんなトラブルがあるのか、対処方法まで知っておくと安心です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース