水のトラブルが起こす被害の大きさ

水のトラブルは、迅速な修理が必要になってきます。水は低い方へとどんどんと流れていくでしょう。染み込んでいけるところもどんどんと侵入していきます。さまざまなものに染み込んでしまうため、損害を拡大させることからも、迅速な対応が必要です。

■被害の拡大を抑える

水のトラブルで最も怖いのは、損害が拡大することでしょう。損賠もいろいろとありますが、自分の部屋の中だけで済めば、自分の損害で済みます。ところが、集合住宅に住んでいると、下の階にも流れていく危険性が出てくるでしょう。最近のマンションでは、防止策がとられているところもあります。ただ、ごく少数なために、水漏れを起こせば大きな損害を発生させかねません。下の階からすれば、天上から水が落ちてくることを想定して、養生したりすることはありません。家電製品などにもかかってしまえば、使えなくなってしまいます。革製品なども水は禁忌です。そうなると、驚くほどの損害賠償請求される可能性を考えなければいけません。信用にもかかわるため、保険がかかっているから安心というわけではないでしょう。

■住宅の基礎に対する影響

一軒家の場合には床下にも流れ込んでしまいます。家の基礎は、乾燥しているほうがトラブルになりません。湿度がたまってしまうと、乾燥させにくく、シロアリなどの原因を助長させかねません。水が大量にたまる可能性もあるため、大きな損害を生み出すでしょう。基礎自体が腐ってしまことも考えられます。水漏れがいかに大きなダメージになるのかを想像しなければいけないでしょう。




■まとめ
水が漏れてしまったときには、とにかく迅速な対応が必要です。修理も大切ですが、まずは被害拡大を起こさないように、水がこれ以上流れない状況を作るべきでしょう。止水栓や元栓を締めるだけでも、水の供給に制限を掛けられます。ここから先が修理になるため、初期対応を誤らないことが求められるでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ