水のトラブルと修理の緊急性

水のトラブルから水道工事会社で修理を考えるとしたときに、どんな会社に依頼をすればよいのかを判断するのは難しいでしょう。緊急性が高いのか、それとも止水栓を締めておけば待つことができるのか、設備によっても違います。自分が求めることを考え、業者をどこにするのかも考えなければいけません。

■緊急性の高い場所

水のトラブルとして考えたときに、トイレは緊急性の高い場所です。タンクから漏れだしているときには、周囲が水浸しになるでしょう。もちろん、トイレも使うことができないため、緊急性が高いことがわかります。
排水管側で水漏れを見つけたときには、衛生上大きな影響を周囲や建物自体に与えかねません。この状況もトイレが使えなくなります。緊急の工事を考えなければいけないポイントになるでしょう。



■緊急性の高くない場所

あまり緊急性の高くない場所としては、風呂場があります。風呂場の蛇口から漏れていたとしても、実際に使うことに支障はありません。使わないときに止水栓を締めるといった対応でもなんとかできます。修理はゆっくりでも済むため、水道工事会社の営業時間に対応してもらうといいでしょう。
洗濯機に関しても、蛇口の根元から水道管側でトラブルになっていなければ問題はありません。洗濯機を使わなくても生活に支障はありません。代替えも取れることからそこまでの緊急性はないでしょう。こうした区別を考えると、どんなところに依頼するべきかが見えてきます。


■まとめ
水のトラブルが起きれば、必ず修理を考えなければいけません。費用をかけて対応するべきか、それとも時間がかかってもいいのかを切り分けて考えるといいでしょう。緊急性を要する場合には、時間は何時でも構わず修理してくれる存在でなければいけません。こうした時に備えて、業者は見つけておくことが大切です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ