蛇口の水のトラブルで解決できないときには交換も

水のトラブルは、水回りの設備を使っていれば避けて通ることはできません。蛇口の水漏れも同じです。誰でも一度は経験するのが、少しずつ漏れてくるトラブルでしょう。なかなか止まらない状況になると、修理をしなければいけません。無駄な水道代を掛けることを避けるため、しっかりと対策を考えておく必要があります。

■構造の基本はツーレバー水栓

蛇口の構造の基本になるのは、ツーレバー水栓と呼ばれる構造です。水とお湯のハンドルに分かれていますが、それぞれ独立している特徴をもっています。給湯器を取り付けていると、このタイプにするか、ワンレバー混合水栓を選択することになります。
構造的には、ハンドルの下にあるキャップまで分解すれば、あとは順番にはずしていくだけでパッキンやコマまで到達します。基本的に縦並びになるためビスで抑えていると考えれば簡単です。この消耗品を交換するだけで、水のトラブルが収まることもあります。

■構造が複雑なワンレバー混合水栓

構造的に複雑なのが、カートリッジを交換する必要があるワンレバー混合栓です。かなり増えてきましたが、レバーが1本なので区別がつきやすいです。ナットから始まり、リングがあってバルブカートリッジがあります。このカートリッジを外して交換すると、水漏れが収まります。
どの方法でも問題になるのは、本体が寿命を迎えているときです。摩耗していつか壊れるため、直らないときには、蛇口 交換も考えなければいけません。



■まとめ
水のトラブルとしても、蛇口は解決が難しい部分ではありません。ただし、構造が複雑なものも出てきており、だれでも修理ができるわけではなくなりました。どんな構造のものを使っているのか確認し、問題がなければ自分で行なうことができます。しかし不安なときや、構造的に複雑な場合には、水道工事会社に依頼するのが得策です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ